のぼり旗の活用方法

トップページ

のぼりの持つカラーのぼり旗は、一般的には広告と全く同じです。
デザイン次第では、他の広告ツールよりもはるかに安価で
かつ効果的に集客を見込める優れものです。
では、より効果的にのぼりを活用するためにはどのような方法があるのでしょうか?

まず、そののぼり旗には、広告したいイメージを高める要素があります。

たとえばクレープ屋で、キャラメルソースのかかった美味しそうなクレープが
イメージできるようなのぼりを見ただけで、その旗の色から
キャラメルの香りがするぐらいのインパクトを与える方法があります。

そののぼり旗の色は、うどん屋ののぼりのように紺に白地をぬいた
ものではなく、原色がふんだんに使われたカラフルなものです。

組み合わせ

とくにキャラメルのような山吹色やチョコレートを表した色、いちごのイメージを強化した
赤などが目立ちますし、この色合いが甘いものを連想させます。
のぼりインクジェットプリントの布で行うことで温かみのあるメッセージはこちら

そののぼりをみただけで、このクレープ屋では何クレープがおいしいのだろうと想像させます。

視覚からはいるものは頭の中でイメージを膨らませて、そしてクレープそのものを
食べているような擬似体験をうみます。

立てる

そしてこのイメージの増幅が商品購買へと繋がります。ですのでクレープ屋でののぼり旗は
できる限り原色系のお菓子の色を想起させるものがいいと思われます。

クレープに限らず、飲食系はすべて同じことが言えます。
温かい食べ物であれば、写真を載せてそこから湯気が出ていることを
デザインで表現したり、あるいは文字だけで訴えることも
可能です。

のぼり旗を見ただけでお腹が空くような、そんなデザインを目指すことが大切です。