のぼり旗の活用方法

お得

のぼりの持つカラー

のぼり旗は、常に鮮やかでなければなりません。
お店やサービスの特徴を、まっさきにアピールしてくれるものなのですから、
鮮明でなければ意味が無いのです。

特に赤や黄色といった原色系は、目立ちやすく印象にも残りやすいです。

目を引く色

とはいっても、のぼり旗は、常に風雨や日光に晒されて、すぐに色あせてしまうものです。

ガードレールに当たって、端から解れていってしまうこともあるでしょう。
だからといって洗濯などをすると、かえって色落ちしたり縮んだりしてしまうので、
のぼり旗は消耗品と割り切るのが賢明です。

そのため切らさないように、早めに注文しておくことが大切です。

しかし、いつでも望んでいるようなのぼり旗が近くで買えるとも限りません。
以前買っていた店を覗いたら、もう入荷していなかったということも、少なくはないのです。

そのようなことを防ぐために、のぼり旗の注文は、通販サイトを利用するべきでしょう。
通販ならば、自分のニーズに合わせたデザインを選べますし、品切れで困るという
事態も防ぎやすくなります。家まで届ける

既製品の中にいまいちイメージと合うものがなければ、オリジナルの
のぼり旗を作ってくれる業者もあります。

また、通販を利用すれば、家まで届けてくれますので、時間的にも交通費的にも
コストを減らすことができるのです。

個数やサイズなどを、じっくりと選べるのもポイントです。
素材が気になる場合は、サンプルを送ってくれるところもありますので
利用してみると良いでしょう。

このように、通販サイトならば無駄なくのぼり旗を買うことができますので、
結果的にお得となるのです。

そして継続して購入するものですから、買う回数が増えるたびに、
よりお得となっていきます。

どのみち消耗品になるなら、のぼり旗を定期的に変えるのは
コスト的にあまり良くないのでは、というイメージは間違いです。

定期的にのぼりでその時の売りの商品がわかることによって、
しょっちゅう前を見る人の興味をより引きやすくなるのです。

のぼり旗の通販サイトを利用して、よりよい経営を目指しましょう。

昔は着用できる色が限られていた?のぼりにも重要な日本の色文化

花に花言葉がある様に、色にも様々な意味があります。

現在でもパイロットや船員の制服は腕の金線の数で階級が決まっていたり、
柔道や空手でも帯の色で級や段が違ったりするのはその名残と言えます。

この様に色によって階級を分けるようになったのは、遡っていくと603年聖徳太子の
冠位十二階に辿り着きます。

冠位十二階とは、役職が12段階で分けられ、その区別は色で役職を決めるという
方法でした。

当時も現在で言う課長、部長の様な呼び名もあったのでしょうが、その人の能力に
合った位であると共に、その色の物を身に着けることで、名前が分からなくても
自分より上、下どちらの位なのかを知ることが出来るという画期的な物でした。

冠の色については所説ありますが、紫・青・赤・黄・白・黒の6色の濃淡で
区別されていたと言います。

現代では様々な染色方法がありますが、当時の日本で高貴な色であった紫に
染色する事はとても難しく手間の掛かる事だったので、紫色は大変貴重でした。

そこから時代が進み、禁色という制約は緩和されていったとはいえ、濃色の禁止は
ありましたが紺色だけは禁止されることがなかったので、江戸時代、藍色は
日本の代表的な色として定着し、非常に繁盛したと言います。

6色の色については古代中国の五行思想からの推測もあるので、
実際にはもう少し違ったのかも知れませんが、色による区別は日本独特の
色文化なのかもしれません。