のぼり旗の活用方法

納期

のぼりの持つカラーのぼり旗は、お店の前で風ではためいて賑やかな感じを来るものに与えます。

ですのでお店の看板と同じで集客には欠かせないものです。しかし、
こののぼり旗はある意味では消耗品なので、壊れてしまうことはよくあります。

そしてもし壊れてしまってそのままにしておくと、店そのものに
活気が感じられなくなり、客足が遠のきます。
見た目が悪いので店のディスプレイが台無しになります。

のぼりの管理ができていないことは、すなわち自社の商品も
しっかり管理されていないのでは、というマイナスのイメージに
繋がりかねません。通行人は、思っているよりシビアに見ていると
考えた方が良いでしょう。

環境

その時に、即座に替えののぼり旗を納品してもらうのがいいです。

壊れたからといって撤去し、そのままの時間が経つのは商売をしてもったいない時間が過ぎていきます。
作り替える為にはもちろん多少のコストは必要ですが、結果として
やはりのぼりが立っている方が、集客を見込めるのは確かです。ムラが発生する

その場合には即納してもらえるネット通販がベストです。

ネット通販なら過去の購入データに基づいてすぐに印刷加工してもらえ、
早ければ夜に注文して翌日の午前中には届くものもあります。

商売は時が勝負で、かき入れ時にものぼり旗が壊れたりしたらビジネスチャンスを逃すので
そういう意味でも即納はありがたい存在と言えます。

ただし、土日は日数に含まれないという場合がありますので
購入の際にあらかじめ確認しておくか、できるだけ早めに
問い合わせるなどしておきましょう。

現在ものぼりに使われている染色方法もある!?染色文化の歴史

染色文化の歴史は私達の想像以上に古く、中でも藍染めは世界中で広く使われてきた
最古の染色方法です。

紀元前3000年頃のインダス文明遺跡の跡からは、当時藍染めが盛んに
行われていた様子が伺えます。

またエジプトで発掘されたミイラには、藍染めの布が使われていたことが
判明しています。

他にもギリシャやローマで、藍は染料として日常的に使われていました。

染められた衣服はシルクロードを通じ、着飾る文化として世界中の人々の間に広まり、
やがて藍だけではなく豊かな色彩を求めて、染色文化は花開いていきました。

染色が本格的な産業として確立されたのは11~12世紀頃、場所は後に繊維工業から
産業革命が始まったイギリスです。

日本では16世紀末から京都で友禅染めが始まりました。

江戸時代には染色の本も出版されるほどに、人々の関心は高まりました。
その後、天然の植物染料から薬品開発ミスで発見された化学染料へと
移り変わり、現在へと至っています。