のぼり旗の活用方法

オンラインショップ

のぼりの持つカラーのぼり旗は、ホームセンターなどで基本の材料を購入して自分で作ることもできます。

作ることはそれほど難しくなく専用のキットもありますが、デザイン作成のセンスがないと
のぼり旗の機能をうまく活用したものにならずに上手くできません。

またセンスのあるものでないと、のぼり旗はせっかくお店の集客のために
宣伝として作成したものなので、かえってないほうがいい、となる可能性もあり
それでは折角作った意味がなくなってしまいます。

それではお店のイメージにあったものを購入したほうがよく、これに合うのが通信販売です。

通信販売のいいところは届けてもらえるだけでなく、種類も豊富なので
イメージにあったものを注文することができます。好きに選べる

また、注文してから納品までの期間も早く、わざわざ買いに行ったり
取りに行く手間が省けるという部分は、忙しい方にとっては
かなり大きな魅力ではないでしょうか。

もちろん、デザインにこだわりがあって業者と相談してみたいと
思われている方には、オリジナルで製作する場合のデザインの
注意点などもありますので、直接話を聞けた方が
失敗する恐れもなく安心できます。

直接相談しに行く

製作会社によっては、シーズンごとに違ったのぼり旗を提案する
一種の頒布会のように、季節の用途にあったものをコーディネートしてくれる
ものもあり、商売繁盛の武器になることもありますので、集客をどうしても
伸ばしたいでのあれば、このような提案型の通信販売も使ってみるのも
方法であると思われます。

気になった方はぜひ、サイトを見てみて下さい。

マラリア特効薬の開発時に偶然誕生!?のぼりにも使われる化学染料の歴史

のぼりや看板、各種塗装に使われる化学染料は、マラリア特効薬の開発過程で
偶然生まれたことはご存知でしょうか。

世界初の人工染料を発明したのは、1856年にロンドン出身の化学者ウィリアム・パーキン博士です。
ウィリアム・パーキン博士は、当時流行していた伝染病のマラリアの特効薬を開発していました。

その特効薬、キニーネ剤を開発する過程で、モーブといわれる薄紫色の染料を発明したのが
化学染料のルーツです。

元々産業として染色が発達していたイギリスでは、博士の実験に触発され、1900年ごろには
500種類もの新しい染料の開発に成功しました。

この時期から今までの植物から染料を作っていた自然染色から化学染色への移行が進み、
これは染色革命とも言われています。

その後、化学繊維やタンパク繊維などへの染色も成功し、数々の問題もありましたが、
1950年代には科学の進歩により、今までのものよりも色の定着・発色などに優れたものが
開発され、現在に至ります。