のぼり旗の活用方法

正しい使い方

のぼりの持つカラー
のぼり旗を通販で購入した場合には、どうやって使っていくかが重要です。
のぼり旗というのは宣伝アイテムとしてとても効果的であはありますが、
これだけに頼っては良い宣伝ができない場合があるものです。

ですから、他の宣伝アイテムと併用して使っていくと良いものです。
例えば、周りから目立つように建物の脇のところにのぼり旗をズラリと並べて、
まずはお客さんを引き寄せるのです。

そして、お店の前には立て看板などを設置しておき、お店の詳細が
伝わるようにしておくのです。詳細が伝わる

こういった段階的な宣伝の仕方をすることで、1つの宣伝方法では
呼び込めなかったお客さんを呼び込めるようになることもあるでしょう。

なお、通販で購入したのぼり旗の使い方の一環として、手入れの仕方というのも
覚えておきたいところです。

通販購入する人の中には、結構ハードに使っていく人もいるでしょうが、
そうするとダメージが目立つようになることもあるものです。

そうした場合には洗うこともできますが、洗う場合には洗濯機は避けて
手洗いをした方が良いものです。

また、手洗いをするにしても、軽くすすぐぐらいにしておくことが大切です。
また、通販で手に入れたのぼり旗は、アイロンがけをすることもできますが、
150℃以下の温度で当て布をした状態でかけることが大切です。

このように、手入れをする際には、慎重に行うことが大切と言えます。
また、のぼり旗は一日中出しっぱなしにしておくと劣化が早くなることがありますので、
設置していてもあまり意味のない時間帯はしまっておく、という使い方をすると良いものです。

洗い方

なぜ変わった?洗濯表示の変更経緯と利便性

これまでの日本での洗濯表示は、独自の洗濯習慣に合わせて日本工業規格(JIS)に則り表示されてきました。
海外から輸入した繊維製品は、ISO(国際標準化機構)規格の取り扱い表示のため、国内で販売する際は
日本のJIS表示に付け替える必要がありました。

しかし、昨今では海外との衣類の生産や流通のやり取りが増え、洗濯機や洗剤などの種類も豊富になり、
国内外で表示を統一しようという動きになりました。

そこで平成28年12月より、繊維製品品質表示規定に伴い、日本も世界で共通に使用されているISO(国際規格)に
合わせた新しいJISが制定されました。
これにより、日本国内で販売する際は国内生産品、輸入品を問わずに表示が統一されるようになりました。

新JISでは、海外で購入した繊維製品の取り扱いの絵表示を変更する必要がなくなり、記号の種類が22種類から41種類に
増え、よりきめ細かい情報が提供されるようになりました。一見複雑でわかりにいと困惑する人もいるでしょう。

しかし、取り扱い表示変更の手間をなくしたり、細かく表示されることにより素材に合わせて洗濯する際の迷いを
減らしてくれます。基本の表示を覚えれば線の本数や点の数の違いで他の表示も見分けることができますので、
一度覚えてしまえば簡単に確認できるようになるかもしれません。